【家計簿作成が苦手な人必見】支出をうまく管理する方法

雑記
男の子
男の子

家計簿って付けるの大変で、なかなか続かないんだよね..

女の子
女の子

予定してた金額通りになかなか収まらないわ…

家計簿つけ始めると、こういった悩みを持つ方がいらっしゃると思います。
もともと私も継続出てなっかたのですが、この方法で家計の支出を把握できるようになりました。

最初は予算立てない

最初の1ヵ月は予算を立てなくて良いです。理由は2つ。

  • 予算を立てられるほど支出を把握できてない
  • 予定通りに支出が収まらずストレスになる

予算を立てるメリットは最初に基準を作ることで「余計な支出が無かったか」「使いすぎていないか」を把握することができます。

しかし最初に基準を作ることで「使い過ぎないように注意しよう」「予定以上に使っちゃった」などのストレスが掛かってしまい長く続けることが難しくなってきます。

私の場合、最初の1ヵ月は「1ヵ月の支出がどのくらいか」を正確に測ることから始めました。

支出は電子決済でする

「支出を正確に測る」、これもなかなか難しいことだと思います。私も最初はレシートの管理が大変で何度も挫折しました。

しかし最近では家計簿アプリでクレジットカードの支払明細が自動で取り込まれる機能があります。

レシートの取り込み作業を極力なくすため、現金の支払いはやめてクレジットカードや〇〇Payなどの電子決済で済ますように変えました。

ギャル男
ギャル男

ポイント貯まるし、ストレスフリーで記録できるの最高じゃん!!


電子決済が対応していない店舗ではレシートをもらって記録する必要がありますが、2020年のオリンピック開催の影響もあってか最近は電子決済対応してない店のほうが少ないので、概ね、この方法で支出は把握できるようになるはずです。


ストレスない予算を立てる

1ヵ月の支出が把握出来たら予算を立てます。
重要なのは「無理のない予算を立てる事」です。

男の子
男の子

でも、お金が貯められるように予算立てないとダメじゃない?

もちろん、収入より支出のほうが多い「赤字家計」は避けたいですが、いきなり難しい目標を立ててしまうと続きませんし、結婚している方であれば夫婦喧嘩の火種になり、支出を管理するどころではありません。

具体的にどうやって予算を立てるのか?
私の場合、3つの点に注意して予算を立てました。

  • 簡単に減らせる支出から減らしていく
  • 変動する支出(食費など)は甘めに見積もる
  • 家族の同意を得る

「保険解約」、「外食しない」などが良く使われる支出を抑える手段なのですが、

  • 保険の解約は不安が残るので勉強してから..っと時間が掛かってしまう
  • 食事を作る時間がストレスになる

私は妻1人、子供2人の家計ですので、この2つは妻の怒りスイッチを押すことになりそうだったので後回しにして「無駄にコンビニに立ち寄らない」というハードル低めの事から始めました。

女の子
女の子

最初から完璧は無理だよね!


あと食費は妻が管理していたので、妻の言い分「+2万円」で予算を立てました。
これは妻の性格が謙虚という理由と、家族全員が納得した予算でやらないと後々に揉めるからです。

徐々に予算を見直していく

数千円でも支出の削減に成功したら、徐々に見直していきます。
先ほど保険解約は不安が残るので最初は見直さないと書きましたが、支出の削減に成功してくると、そういった大物支出を減らしたいという気持ちが芽生えてきます。

結果、保険の勉強をして、知識がついて、保険解約(最適な保険に見直し)して、支出が減るという良い循環になるのです。

予算を立てる→実践する→予算を見直す→実践する・・・というサイクルを継続することでマネーリテラシーもあがりますし、支出も減らせるので、継続することが大事です。

まとめ:支出を管理して減らしていく

まとめです。

支出をうまく管理できない人は以下のようなポイントを抑えて管理していきましょう。

重要ポイント
  • 現在の支出状況を把握する
  • 無理の無い予算を立てる
  • 支出制限を継続していく

いきなり支出を完璧に制限することは難しいと思いますので、少しづつ継続的にうやっていくことをお勧めします。

いっしょに、ゆるーく継続してやっていきましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました